収納づくりのポイント!その2

2017.03.15

「子どもの物がどんどん増えて、部屋に出しっぱなしになっている」
「片付けたいけれど、収納が足りず部屋が汚く見える」

こんなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。
新築で家を建てるなら、収納スペースはしっかり確保したいですよね。
そこで今回は、収納を作る時のポイントをご紹介したいと思います。

cccdf138edcecab398ae5c625a699063_m


・収納する”物”の使用頻度・使用時期を考える

物によって使用頻度は様々ですよね。
例えばお皿は、毎日使うので、取り出しやすい場所に収納するのがベストです。
反対に、スキー用具やバーベキューセットなど一年に数回しか使わないものは、屋根裏やロフト上などに収納しておけばいいですよね。
このように、その物の使用頻度や時期を考えることで、どこにどれくらいの大きさの収納が必要なのかが見えてきます。


・収納は”あればあるほどいい”というわけではない

「部屋に物が散らかるのが嫌だから、たくさん収納を作りたい」という方は多いと思います。
しかし、収納を作るにはお金もかかりますし、部屋のスペースもとられてしまいます。
本当に必要な分の収納だけをつくることが大切です。
収納が大きすぎると、いらない物が増えていってしまう原因にもなりますので、”最低限の収納スペースを確保する”という意識をもっておくと良いかもしれませんね。



このように、物の使用頻度を考えたり、本当に必要な収納スペースの量を考えることで、無駄のないスペースの使い方ができますよ。
収納でお悩みの方は、是非参考にしてみてくださいね。