公園の近くに住むメリット(後編)

2017.08.18

前回から、公園の近くに住むメリットについてご紹介しました。


公園の近くに住むメリットとして、以下のものがあげられましたね。
(1)庭代わりに使える
(2)これからの環境が維持されやすい
(3)災害時の避難場所になる


今回は、(2)と(3)のメリットについて詳しくご紹介します。


(2)これからの環境が維持されやすい
公共の公園は、取り壊されることはあまりありません。

公園があれば、その周りの施設も公園を利用する方に合わせた施設が多くなります。
パチンコ屋など、子どもにあまり近寄らせたくないような施設は建設されにくいということです。

それに、公園には緑が多くある分、眺望もよいため、住宅としての資産価値も上昇します。売る際にお得ということです。
また、緑が多くある方が、気温は少し低くなるという点も見逃せませんよね。

 

(3)災害時の避難場所になる
大きな公園である場合、地震などの災害が起きた解きの避難場所に指定されていることが多いです。
そういった場所は火災などにも強いように設計されていることも多いので、安心です。
万が一のことが起きた解きに、すぐに避難できる場所があるのは心強いですよね。

 

以上が公園の近くに住むメリットになります。

次回はデメリットをご紹介します。