公園の近くに住むデメリット(前編)

2017.08.20

前回まで、公園の近くに住むメリットについてご紹介しました。

今回から2回にわけて、デメリットについて詳しくご紹介します。


公園の近くに住むデメリットは以下のものがあげられます。
(1)音やにおいが気になることも
(2)夜間の防犯性が良くないことも
(3)イベント開催で迷惑になることも

ひとつずつ詳しく見てみましょう。


(1)音やにおいが気になることも
音については、マンション選び以上に気にする必要があります。
マンションは上階に住むのに対して、一戸建ては1階や2階に暮らすことになるからです。

土地柄や公園の中の雰囲気にもよりますが、カラスなどの声が気になったりして困る人は少なくはありません。

 

また、同じ動物で言うと、ペットの散歩などによるにおいが気になる方もいます。

利用者のマナーなども含めて、一度周囲に住まれている方に訪ねてみると良いでしょう。

さらに、メリットで紹介した「緑が多い」ことは、「虫が多い」ともいえます。

1階に住むということも含めると、蚊などの虫が入ってきやすいと言えますね。

同じような理由で、砂埃などに悩まされるかもしれないので、しっかりと調査しておきましょう。

 

今回はここまでになります。

次回は残りの(2)(3)のデメリットについて詳しくご紹介します。