元利均等返済と元金均等返済の違いとは

2016.11.13

住まいを購入するうえで重要な資金計画、その返済方法には「元利均等返済」と「元金均等返済」という2つの返済方法があります。

これから住宅の購入を検討されている方にはぜひ知っておいてほしいキーワードとなっています。

そこで今回は、元利均等返済と元金均等返済の違いについてご紹介します。

まず、元利均等返済というのは毎回返済する元金と利息の合計額を一定になるように設定したもので、毎回の返済額が一定となることによって家計の予算を立てやすくなります。 (一般的な住宅ローンは、ほぼこのタイプです)ただ、元金の返済ペースが遅くなってしまうため、借入期間が同じであれば元利均等返済の方が総支出額としては多くなってしまうのです。
100013243

一方、元金均等返済では、毎回返済する元金の返済額を一定にしたもので、借入当初は毎月の返済額が膨らんでしまいますが、メリットとして元金の返済を早く進められるということがあげられます。 初めの返済負担を重くしても早く元金の返済を進めていきたいという場合には元金均等返済を選択したほうが有利であると言えるのです。
100013244

このように、元金と利息の返済方法にも種類がありますが、金融機関によっては初めにあげた元利均等返済の住宅ローンしか扱っていない場合もあります。

金融機関によって取り扱っている住宅ローンのプランも異なってくる場合もあるので、資金計画については早めに確認しておくことをおすすめします。  

 

 

家づくりをはじめてお考えの方はこちらもご覧ください
http://www.arle.co.jp/howto/

健康に気づかった家づくりをお考えの方へ
http://www.arle.co.jp/health/

モデルハウスをご覧になりたい方はこちら
http://www.arle.co.jp/modelhouse/

施工事例をご覧になりたい方はこちら
http://www.arle.co.jp/works/