住宅ローンの3つのタイプとは ~固定期間選択型~

2016.11.11

これまで2回にわたって住宅ローンのタイプについてご紹介してきて、 ローンにも様々なタイプがあることをお分かりいただけたのではないでしょうか。

住宅という高額な買い物だからこそ、タイプによって支払いのプランは大きく異なってくるものです。

後悔しないための土地選び



今回は3つ目のタイプ、固定期間選択型についてご紹介します。

固定期間選択型は、3年や5年といったように一定期間金利が固定されているというローンの組み方で、その一定の期間が終了した時点で再度金利を設定するというタイプになります。

その際、固定期間を選択するのか変動金利型を選択するのかを決めることができ、その金利によって返済額が見直されます。 このタイプの特徴としては変動金利型にあったような返済額上昇幅の上限がないため、固定する期間の選択肢は金融機関によって異なり、固定期間終了後の金利が大幅に上昇していた場合は、返済額が大幅に増える可能性があるということがあげられます。

資金の問題というのは、住宅を購入するにあたって必ず考えなければならない重要なポイントでもあります。 このように一口に住宅ローンといっても様々なタイプがあるので、これからの家族の生活も考えて、資金計画をしっかり考えてくださいね。

 

 

家づくりをはじめてお考えの方はこちらもご覧ください
http://www.arle.co.jp/howto/

健康に気づかった家づくりをお考えの方へ
http://www.arle.co.jp/health/

モデルハウスをご覧になりたい方はこちら
http://www.arle.co.jp/modelhouse/

施工事例をご覧になりたい方はこちら
http://www.arle.co.jp/works/