住宅の間取りを考える時に意識したい動線のポイントとは?

2018.07.16

いざ家の間取りを考えようと思っても、どこにどの部屋を配置しようか
何を基準に決めれば良いのか迷ってしまいまよね。

そこでオススメしたいのが、「動線」を基準に部屋の間取りを考えるという方法です!


〇家族みんなでどの動線を重視するのか考えよう

動線には、
・家事動線
・衛生動線
・来客動線
・通勤動線
4つがあります。

家事動線を重視するのであれば、家庭の中で普段家事をする人が使いやすいように
キッチン、洗濯機の位置、収納の位置、リビングの配置を決めていきましょう。

また衛生動線とは、水回りのことを指します。
トイレをどこに配置するのか?お風呂と洗面所はどこにするのか?ということを考えます。

トイレをキッチンのすぐ近くに設置するのは気が引けますよね。
この点に関してはご家族でよく話し合いましょう。

そしてもしあなたが、ホームパーティーをよく開かれるような
来客が多い方であれば、来客動線を意識した間取りを考えても良いでしょう。


最後に、ご家族の人数が多ければ朝は毎日バタバタするのではないでしょうか。

廊下の通路が狭いと、会社に出勤するお父さんと学校へ行く子供が
玄関で窮屈な思いをすることになってしまいます。

そうならないためには家族全員がスムーズに家を出ることができるよう
通勤動線を意識した間取りを考えましょう。


今回は間取りを考える際に意識してほしい動線についてお伝えしました。

「家事が楽になるような配置にしたいんだけど、どうすればいいの?」とお悩みの方は
ぜひアルルホームズまでご相談くださいませ。

あなたの理想通りの間取りを一緒に考えさせていただきます。