住宅の間取りの考え方|上手な間取りのつくり方は動線を意識することから

2018.09.04

あなたは「動線」という言葉を聞いたことがありませんか?

実は、この線を意識することで住み良いおうちをつくることができるのです。

これから間取りについて考える方は是非この考え方を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

そこで今回は、間取りを考えるのに役立つ動線についてご紹介します。

 

□あなたの1日の行動を思い出してみよう

 

動線とは、あなたが1日の中において

お家の中でどう動くのかということを表した線のことを言います。

理想の間取り図を描いたら、その上に想像で動線を書いてみましょう。

 

朝起きたらどこへ向かいますか?

それはどこを通って目的地まで向かいますか?

などということを考えて、全てを線として書き出していくのです。

 

1日が終わる頃には、

お家の中が動線で埋め尽くされてしまったという方もいらっしゃることでしょう。

その場合は間取りを考え直す必要があります。

 

理想は、移動がスムーズに行える間取りのお家です。

移動がスムーズなお家であれば、

動線がおうち中に広がるということはありません。

 

家事効率の良さも上がりますので、

生活のしやすい快適なおうちになることでしょう。

 

今回は上手な間取りの考え方をご紹介しました。

これは間取りについて考える際には是非取り入れてみてほしい考え方なので、

参考にしてみてくださいね。