今話題のzeh住宅とは?そのメリットについてご紹介します!

2018.11.01

zehは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の頭文字をとった言葉です。

省エネと創エネを行うことで、エネルギー消費量を

「プラスマイナスゼロ」にすることをコンセプトにした家を言います。

今回の記事では、そんなzehのメリットについて、お話します。

□zehのメリット


*ランニングコストを抑えられる


エネルギーを創り出し、同時に省エネも行っているzehは、

光熱費をプラスマイナスゼロにできる可能性があります。

また、大きめの太陽光発電や蓄電池を導入した場合、売電収入を得る可能性もあります。

*補助金が出る


zehにすると、2018年度なら70万円の補助金を受け取れます。

低炭素住宅の追加条件も満たすことで、20万円追加で補助金を受け取れます。

住宅の購入は、住宅ローンを組むことがほとんどです。

こうしたまとまった金額の現金が入ることは、かなりのメリットではないでしょうか。

*健康的に暮らせる


zehを実現するためには、断熱性能が欠かせません。

断熱処理をしっかりと施すことにより、室内の温度を一定に保てます。

そうすることで、ヒートショックを予防できます。

ヒートショックとは、家の中の急な温度変化により、

血圧が急激に変動し、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす現象です。

zehは高い断熱性により、室内の温度が一定に保たれるので、ヒートショックの心配がありません。

□まとめ


以上、zehのメリットについてお話しました。

家を建てる際の参考にしてみてください。