不審者に狙われにくい外構のポイント ~フェンス~

2016.12.29

小さなお子さんがいるご家庭では特に不審者には警戒したいものですよね。
近年でも子供を狙った犯罪というのはなかなか撲滅することはできていません。
せめて家の中は安心して暮らせる場所にしたいものです。

今回は、家の顔ともなる外構について不審者に狙われにくくする門扉、フェンスのポイントをご紹介しますね。
%e5%a4%96%e6%a7%8b%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88


一つ目のポイントは頑丈な造りであることがあげられます。
フェンスがあっても隙間から入ることができると、簡単に入られてしまいますし、強度が弱いものであるとおのずと劣化速度も速くなってしまいます。

また、二つ目のポイントとしては、簡単に乗り越えられない高さや形状のものを選ぶことがあげられます。
簡単に乗り越えられない高さといって、見通しの悪い高いフェンスを設置してしまうと、侵入されたとき外から見えなくなってしまうこともあるので、見通しが良いデザインにすることもポイントです。


このように、敷地の境界線ともなる門扉やフェンスは、不審者を敷地の中に入らせないか、敷地の中の隠れ場所を作らないことを重視してプランニングする必要があるのです。
シンプルなデザインで見通しが良いタイプのフェンスを選んでみてはいかがでしょうか。