不審者に狙われにくい外構のポイント ~インターホン~

2017.01.06

「お子さん一人で家でお留守番させるのは…」
小さなお子さんがいるご家庭ではお子さん一人でお留守番させるのはなかなか心配なものですよね。

不審者に狙われにくい外構を作るポイントをこれまで何回かご紹介してきましたが、インターホンは直接的に家の中と外との関わりを作るものなので、防犯を考えるとインターホン選びもポイントを押さえておきたいものです。

今回は、不審者に狙われにくくするためのインターホンを選ぶ際のポイントについてご紹介しますね。

まず、インターホンは訪問者の顔を映すことができるモニター付きを選ぶのがよいでしょう。留守中の訪問者も録画することができると、もしも犯罪に巻き込まれた時でも映像が重要な手がかりとなる可能性もあります。

最近ではモニター付きのインターホンが多く取り入られていますが、記録できるものを選ぶとより安心です。

また、侵入者を玄関先まで誘導することにつながらないよう、インターホンの設置場所は門扉付近がよいでしょう。

このようにインターホンは「記録できるもの」を選んで「玄関から遠い場所」に設置することが外構のポイントとなります。 家族のライフスタイルも考えて必要な機能のあるインターホンを選んでみてくださいね。