リビング階段のメリットとデメリット

2016.02.27

マイホームを考えている方には、家の間取りや好みの家具など、楽しいプランが目白押しですよね。

特に家族が集まるリビングやダイニングを考えるとき、リビング階段を検討する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

リビング階段とは、文字通りリビングから二階への階段を取り付ける方法で、家族がコミュニケーションをとりやすい、として一定の評判があります。

リビング階段のメリットデメリット

メリットとしては、リビングが広く見える・子どもが部屋へこもりっぱなしになりにくい・二階へ荷物などをすぐ取りに行ける・お互い用事がある時に呼びやすい…などがあります。

一方、 来客があったときはリビングを必ず見られる・暖房や冷房が上部に流れていくので光熱費がかかりそう…と言うデメリットも聞かれます。

温度に関しては、断熱材で工夫するほか、ロールスクリーン等で上下階の空気を遮断する、などの方法もあるようです。
この場合は料理の匂いなども伝わりにくくなります。

家を常に綺麗にしておきたい人にとっては、来客がリビングを通ることに関しては問題はなさそうです。

とてもお洒落な間取りですが、家に住む人の性格で向き不向きがあると言えるので、慎重に検討する必要がありますね。