ユニットバスとはどういうもの?

2016.07.26

誰でも一度はユニットバスということばを聞いたことがあると思います。

ユニットバスと聞くと、アパートのトイレとお風呂が一緒になったものを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

しかし、実はユニットバスは必ずしもトイレとお風呂が一緒というわけではありません。

ユニットバスとは、浴室を構成している床、浴槽、壁、天井が一体化されたもので、あらかじめ工場で製造されます。

そしてあらかじめ工場で製造されたものを現場で組み立てます。

ユニットバスの写真

現場ではほとんど組み立てるだけなので、施工期間も短くすみ、防水性にも優れています。

浴室リフォームなどでは、家の中で工事が長く行われていると、リラックスして過ごせませんので、ユニットバスは最適な選択かもしれませんね。

種類としては、浴槽と洗面台が一体になっているものを、2点ユニットバス、
浴槽と洗面台とトイレが一緒になっているものを、3点ユニットと言います。

そんなユニットバスにはたくさんのメリットがあります。

ユニットバスの素材は防水性が高いです。

ユニットバスは一体化になっているため、つなぎ目から水漏れする心配もほとんどありませんよ。

また、隙間が少ないので断熱性にも優れており、ヒートショックが心配のお風呂場でも安心ですよね。

いかがでしたか?

お風呂場を選ぶ時はユニットバスも選択肢に入れてみてくださいね。