システムバスのメリット

2016.03.28

システムバスとは、あらかじめ工場で床、壁、浴槽など浴室の各部品を作成し、現場で組み立てることのできる浴室のことです。

工場であらかじめ作られた部品を現場へ運び込み、現場で組み立てるだけなので、施工期間が短い期間で終わります。

従来の工法ですと、施工場所ですべてを作っていくので、かなりの日数を要していましたが、システムバスは2〜3日ほどで工事が完了します。
また、組み立て以外はすべて工場での作業ですので、仕上がりにばらつきがないのも特徴です。

使わなくなった便利機能

従来の浴室は長年の使用により、水漏れの心配もありましたが、システムバスは、床と壁、天井が一体となっているため隙間が少なく、防水性が高い浴室です。
そのため、水漏れの心配はほとんどありません。

タイル張りの浴槽は床が冷たく、冬は一層寒さを感じます。
ですが、システムバスは床の冷えを大幅に軽減することができ、隙間も少ないため、断熱性が高いのも特徴です。
冬でも浴室を暖かい状態に保つことができます。

壁や床など、各部が一体となっていることで、結露やカビなどもつきにくい構造です。
日ごろの清掃が楽で、毎日の負担も軽減されます。