システムバスってなに?

2016.03.10

システムバスとは、浴室を構成する各部材、例えば床、浴槽、壁、天井、ドアをあらかじめ工場で製造し、施工現場で組み立てる浴室のことです。

ユニットバスとほとんど同じ意味になりますが従来のトイレと洗面所と風呂が一緒になったイメージとは違っています。

ユニットバスはアパートやマンションなどの集合住宅用に作られた狭いスペースのものがほとんですが、システムバスは一軒家の広いバスルームに対応できるものが多いのです。

システムバスって

メリットとしては防水上大切である床と壁のつなぎ目部分を一体型として造るので、水漏れしない事が挙げられます。

また一体化して隙間が無い為保温性が良く、冬でも比較的バスルームが暖かいという利点もあります。

しかも工場で造られた部材を、組み立てるため工期が短くて済み、設置費用が安いというメリットもあります。

しかし、システムバスはいくつかの決まったサイズしかない為、独自のバスルームを作る場合には向いていないと言えます。

設計をシステムバスのサイズに合わせる必要があるからです。

ですが、余程豪華なバスルームを作るのでなければ十分なサイズが用意されているとも言えます。