オープンキッチンのデメリットについてご紹介

2016.03.16

オープンキッチンのデメリットをご存知でしょうか?
今回はそれについていくつかご紹介させていただきます。

1つ目のデメリットは、手元足下が丸見えになるので常に片付けておく必要があるという点です。
キッチンの雑多な感じがリビングから丸見えになってしまうので、鍋や調理道具がそのままになっていれば、それだけで散らかった印象を受けてしまいます。
ですから、常に片付けておく必要が出てきます。
キッチン

2つ目のデメリットは、収納があまり取れないという点です。
壁もなく吊り戸棚もないので、当然のことながら収納も減ってしまうのです。
断捨離を行って、収納を工夫する必要が出てきます。

3つ目は、臭いや煙が部屋に流れやすいという点です。
壁も吊り戸棚もないため、調理中の臭いや煙が部屋に流れこんでしまうのです。
部屋中に調理中の臭いや煙が充満してしまわないように換気扇をまわしておきましょう。

そして、風通し良くしておかないと天ぷら等をしたら油でべたべたになってしまうこともあるので、注意が必要です。
キッチン周りの床だけでなく、リビングの方まで油でベタベタになってしまうこともあるので、掃除も大変になります。