アプローチの選び方

2016.08.13

皆さんは、玄関アプローチを気にしたことはありませんか?
玄関は家の顔と呼ばれていますが、門を入ってから玄関までのアプローチも良く見られている部分になります。

 

今回は、そんなについてご紹介します。

玄関アプローチの写真

まずは、アプローチの形です。アプローチには、色々な種類があります。最も一般的な形のI型、視界に変化をもたらしやすい直角に入っていくL型、門の向きを振って緩やかなカーブを描く斜め入りオープンと呼ばれているU型などです。アプローチの形は他にも種類がありますが、庭の形や雰囲気で選ぶと良いでしょう。

 

次は、アプローチの素材です。
この素材の選び方によって庭の雰囲気も大きく変わるといえます。

 

1つ目は、レンガです。
時が経つにつれて角が欠けたり、コケが生えたりと変化を楽しむことができます。

 

2つ目は、タイルです。
土が材料ですが、配合や焼成温度によって陶器質、せっ器質、磁器質に分けられ、印象も変わってきます。

 

3つ目は、石です。
自然の石を使用するため、趣があります。使われる材料は、強度のある花崗岩や安山岩、粘板岩が多くなっています。

 

4つ目は、インターロッキングです。
コンクリートでできた透水性のある舗装材です。強度に優れ、使い方が豊富にあります。

 

最後は、洗い出しです。
砂利を敷き、樹脂やコンクリートで固めた床のことです。滑りにくくなっているので安心して使用できるでしょう。

 

アプローチは、外出する度に使用します。
雨に濡れても滑らず、段差が少なく、つまずきにくいものをえらびましょう。