より良い注文住宅には良い収納が必須!

2017.12.10

注文住宅を建てるというのは、人生における最大の買い物をするといっても過言ではないので、失敗はしたくないですよね。

失敗しないためには様々なところに注意が必要ですが、よくある失敗の1つとして「収納」があります。

収納はいくらあっても困らないというのは皆さん体感的に知っていると思いますが、計画時の図面上では収納が十分なのかは案外分からないものです。

広さが限定されている以上、部屋の大きさに目がいってしまい、収納を見落としてしまうということもあります。

また、実際に生活していると、モノはどんどん増えていきます。

子どもがいる場合は、成長と共に必要なモノも増えていき、収納できるスペースがもうない…ということもあります。

また、一言で収納といっても、その中に入れるのが衣類なのか段ボール箱なのか、でも変わってきます。大事なのは、収納は余裕をもって設計すること、生活動線を考え必要な場所に収納を設置することです。


いかがでしたか?
収納は、見落とされがちで、実際に生活すると後悔することが多いということを分かっていただけたかと思います。
これから注文住宅を建てようと考えている方は、より良い注文住宅を建てるためにも、収納が重要だということを忘れないでいただきたいです。