のびのび暮らせる家づくり~素材編~

2017.04.08

『のびのび暮らせる家づくり』シリーズ、
​続いては『素材編』です。

家の素材、特に内装に使う素材によって、家の中の雰囲気はガラリと変わります。
​そこで今回は、家族がのびのび暮らせる素材として、木のぬくもりをしっかりと感じることのできる”木目素材”をご紹介したいと思います。
床の写真

​木目素材とは、書いて字のごとく、木目がしっかり入った木材のことで、床や壁、天井などの家の内装の素材として、用いることができます。
木目素材を使うことで、蛍光灯の光が木材に吸収され、家全体に温もりのある光彩が降り注ぎます。
木材ならではの温かさを感じることで、家がよりリラックスできる場所になること間違いなしです!

​また、自然に育まれた木材を使用することにより、家を建設する際の化学物質の使用量を減らすことができ、シックハウス症候群などの危険性を低くすることができます。
※シックハウス症候群とは、新築の住居などで起こる、倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛み・呼吸器疾患などの症状があらわれる体調不良のこと。家を建設する際の化学物質の使用が、原因とされています。



​素材選びは、家の雰囲気を決める大事な要素!
​ぜひ、お気に入りの素材を見つけてくださいね!