どんな床材にしますか?

2016.01.24

マイホームの床材は、どんなものにしようかお考えでしょうか。

床材の素材によって居心地も大きく変わるので、
どんな風に過ごす場所かを考えて決めるようにしましょう。

床材の種類は、一般的に畳、フローリング、カーペットが考えられます。

床に座ることが前提なら、畳やカーペットが良いでしょうし、
椅子やソファーに座る生活ならフローリングが適しています。

その他にもコルク、石、タイル、クッションフロアなどの床材もあります。

コルクは柔らかく、階下に音が響きにくいので、二階の子供部屋に向いています。

石の床材は高級感があり、インテリア的には素敵ですが、
冬場は冷えるというデメリットもあります。

どんな床材にしますか?

タイルは扱いも簡単で、石と同様に高級感がありますが、
滑りやすいというデメリットもありますから、水周りには不向きです。

クッションフロアは安価で施工も簡単ですが、見た目がチープというのが欠点です。

床材は、どこで使用するか、どんな風に過ごす場所かを考えて決めると良いでしょう。

また、インテリアとの組み合わせを考えることも大切です。

インテリアのテイストを決めて、そこから選ぶという方法もあるので、いろいろ検討してみましょう。