つくば市で注文住宅を検討されている方必見!化学物質による健康被害を最小限に抑えるFFC住宅

2018.09.26

これから注文住宅を考えられている方、

建築材に化学物質を使用することの危険性についてご存知でしょうか?

建築材に多く使用されるようになった化学物質は便利である一方で、

身体に健康に害を及ぼす危険性があります。

 

化学物質を使用した住宅では、

ハウスシック症候群やアレルギーの発症など様々な健康被害が起きているのです。

そこで今回は、化学物質による害を抑えたFFC住宅というものについてご紹介します。


□FFC免疫住宅

 

化学物質による健康被害の危険を最小限に抑えるために開発されたのがFFC免疫住宅です。

家の中で生活をしていると、

カビやダニなど人間の体の健康に害を与える悪玉菌が発生しています。

化学物質を多く使用した住宅では、

湿気が溜まり、こうした悪玉菌の発生を促進します。

 

一方で、住宅内には免疫力を高めるような

身体の健康にとって有益な善玉菌も存在しています。

FFC住宅の大きな特徴として、健康に害を与える悪玉菌の発生を抑えるだけでなく、

こうした善玉菌を増殖させる仕組みになっているのです。


このようにFFC住宅では、健康にとってのデメリットを最小限に抑え、

メリットを最大限に発揮するという非常に健康的な住宅なのです。

注文住宅を検討されている方はぜひ、FFC住宅を建ててみてはいかがでしょうか?