つくば市で注文住宅をお考えの方必見!資産価値を下げない建て方とは?

2018.01.29

注文住宅最大の魅力は、自分のこだわりを住まいに反映できることでしょう。

そうして手に入れた住宅は、間違いなくかけがえのないものになります。

しかし、その家を一生手放さないとは言い切れないでしょう。

売ることになる、あるいは誰かに譲ることになる可能性もあります。

ですから、誰にとっても住みやすい家、すなわち資産価値の高い家を目指すべきでしょう。

今回は、資産価値を下げない建て方に必要なポイントについてお話ししようと思います。

■環境

住宅周辺の環境は資産価値に直結してきます。

最寄り駅の位置や道路整理の状況など、通学・通勤の利便性が高い土地は価値が高いといえます。

また、騒音が少なく治安が良いなど、子育て環境が整っている土地も価値が高いです。

■耐久性と可変性

建物そのものの耐久性は長く済むうえで重要なので、資産価値に関わってきます。

また、家族構成が変わった際に対応できるような、間取りの可変性も価値を高めてくれます。

■将来性のある機能

耐久性や可変性といった基本機能に加え、時代についていけるような将来性のある機能は、付加価値を下げない要因になってくれます。

例えば、ZEHのような国が推す環境政策に沿った機能は、今後も重視されるでしょう。


注文住宅を建てようと考えている方は、ぜひ「資産価値を下げない」ということも意識してみてくださいね