つくばの注文住宅で健康的な生活を!化学物質を抑える住宅とは?

2019.12.01

「普段掃除していても、ホコリや細菌が家中に残っているって本当?」
このように心配されている方はいらっしゃいませんか?
今回は、つくば市の方に向けて、
化学物質による健康被害を最小限にできると話題の「FFC免疫住宅」について解説いたします。

 

□FFC免疫住宅で化学物質の害を減らそう

 

*健康被害の原因は住宅にあった?

 

実は、新築物件に使われている素材が、
シックハウス症候群や花粉症、他アレルギーの原因となっているかもしれません。
特に、質の悪い建材や塗料から放出される化学物質は悪玉菌と呼ばれ、
健康に悪影響を及ぼします。
そのため、劣悪な住宅が悪玉菌の増殖場となっており、
ここ数年で健康被害の患者数が増加しました。

 

*FFC免疫住宅の特徴

 

このような健康問題を受けて、
最近では自然素材に近づいた「FFC免疫住宅」に注目が集まっています。
FFC免疫住宅とは、良質なミネラルを天井・床・壁に浸透させた住宅のことです。
特にFFC免疫住宅では、
悪玉菌の発生を抑制しつつ、善玉菌の働きを活性化する特徴があります。

 

*FFC免疫住宅の効果とは

 

FFC免疫住宅では善玉菌が増殖するので、
シックハウスやアトピーの改善を期待できます。
また、家族の免疫力が高まるので、より健康的な生活を送れるでしょう。

 

 

□まとめ

 

今回は、FFC免疫住宅についてご紹介しました。
FFC免疫住宅は、化学物質の害を最小限に抑える効果が期待できます。