つくばに注文住宅を建てる方必見!健康のために化学物質からの影響を抑える方法とは?

2019.10.07

「注文住宅を建てる際に使用される化学物質が健康に悪そうだけれど、
何か対策できないのかな?」
このように、どのようにして化学物質からの影響を抑制したらいいのか悩んでいる方は、
たくさんいらっしゃると思います。
家を建てる際は、健康面にも配慮したいですよね。
そこで今回は「化学物質からの影響を抑える方法」をご紹介します。

□化学物質からの影響を抑える方法をご紹介します

 

家を建てる時に使用される化学物質は、
シックハウス症候群やアレルギーを引き起こす要因です。
どのようにして化学物質からの影響を抑えたらいいのか見ていきましょう。

 

*FFC免疫住宅を建てる

 

FFC免疫住宅は、FFCテクノロジーを採用しているので、
化学物質の害を最小限に抑える効果があります。
他には除菌・消臭や除湿効果、
カビ感染菌や腐敗菌などの増殖を抑制できるという効果があります。
一般的に流通している建材にFFCを浸透させることで、
善玉常在菌が増加し悪玉菌が減少するというのも特徴の1つです。
また、体内の善玉菌を増やして免疫力を高める効果もあります。

 

□まとめ

 

今回は「化学物質からの影響を抑える方法」をご紹介しました。
FFC住宅は健康に優しいので、快適に暮らせます。
この記事を参考に、FFC住宅を使った住宅を建ててみてはいかがでしょうか?