その間取り、10年後も最高の間取りですか?

2016.06.14

家を新築する場合は当然ですがその時点で理想とする生活を考慮して間取りを決める事になることだと思います。
賃貸物件では叶わなかった部屋やキッチン、バスルームなどを自分の理想通りに設置できるわけです。ほとんどの場合、家族全員の事を考慮して全員に住み心地良い間取りにしようと、ある程度未来を予想する事と思われます。

家の模型

しかし現在良い間取りであっても、10年後はどうなのか、考える必要があります。意外と数年後までは考えても10年後までは考えずに間取りを決めてしまう事が多いものです。

でも、その家は10年後も20年後も住むことになるのではないでしょうか?ですので、目の前の生活だけでなく将来のことも考えて設計することをお勧めします。

まず、考えるべきことは、子供はどんどん大きくなっていくので、それを考慮した部屋にするべきといえます。
多くの場合、大人になった子供は家を出て独立して暮らし始めます。
従って子供の為に独立した部屋を与えていても両親だけが残る事になるのです。
ですので、もし空き部屋になっても何かしらの利用用途のある設計にすることをお勧めします。
また、時期に最も重要になるのは、自分たちの老後のための使いやすさを意識して作っておくことも重要でしょう。

後から大掛かりなリフォームをする場合は費用も多額になる事が多く、肝心の家屋自体も老朽化してしまっているケースが多いのです。

いろいろ考え出すとむずかしいですが、いろいろ用途が見える家づくりをすることで、20年後、30年後も良い暮らしができるのではないでしょうか?