【お風呂の種類】ハーフユニットバス

2017.07.13

お風呂場の作り方は大きく次の3種類に分かれましたね。
・ユニットバス
・ハーフユニットバス
・造作風呂


今回は、ハーフユニットバスをご紹介します。


ハーフユニットバスとは、浴槽や床などはユニットバスで作り、壁や天井を現場で作るお風呂のことです。


それでは、ハーフユニットバスのメリットをご紹介します。

ユニットバスの場合、壁は基本的にプラスチックになりますが、ハーフユニットバスの場合は壁を木にすることができます。
壁を木にすると、高級感のあるお風呂になり、木のほのかなにおいや木の独特なにおいを楽しむことができます。

また、床や浴槽はユニットバスなので、メンテナンス性や防水性の良さは通常のユニットバスと同じ質を保つことができます。

では、デメリットについて見てみましょう。

まずは、価格が上がるということです。
完全オーダーメイドではありませんが、壁や天井は現場で工事をする分、価格は上がってしまいます。

また、これはデメリットではありませんが、ハーフユニットバスの工事はユニットバスより難しくなるので、しっかりと工事に慣れた業者に依頼しましょう。


他のデメリットを上げると、「カビ対策」が必要だということです。
通常のユニットバスよりハーフユニットバスはカビが生えやすいです。しっかりと換気をすれば問題はないので、ハーフユニットバスを検討される場合は、しっかりと換気ができるように設計しましょう。

いかがでしたでしょうか。

手軽にお風呂に高級感がほしい方は、ハーフユニットバスを検討されてみてはいかがでしょうか。

次回は造作風呂についてご紹介します。