【お風呂の種類】お風呂には3種類ある

2017.07.09

新築住宅をご検討中のみなさん、お風呂の形式、どうされますか?

人の家にお邪魔してもお風呂を見ることはほとんどないので、いざ建てるとなったときに困るものです。

実はお風呂場の作り方は大きく次の3種類に分かれます。
・ユニットバス
・ハーフユニットバス
・造作風呂

3つそれぞれにメリット・デメリットがございます。


今回は概要編ということで、ユニットバスとは何かについてご紹介します。


みなさんのご家庭にあるお風呂の大半はユニットバスになります。


ユニットバスには二つ意味がございます。
①トイレと浴室が一つの部屋につながっているもの(海外のホテルなどでよくあるもの)
②あらかじめ工場で床や壁、浴槽などを作り、工事現場で組み立てるお風呂

今回からの記事に記載している「ユニットバス」はすべて②の意味で解釈してください。

ちなみに「システムバスとユニットバスの違いは何ですか?」という質問が上がりますが、システムバスは②の意味と同義です。
ユニットバスには①の意味はなく、②のみの意味になります。

ですので、これからの記事では「システムバス=ユニットバス」と解釈していただいて構いません。

いかがでしたでしょうか。

次回はもう少し踏み込んで、ユニットバスのメリットとデメリットについてご紹介します。