注文住宅の購入を検討中の方必見!住宅の間取りを決める動線について

2018.11.29

「注文住宅の購入を検討しているけど、間取りってどんな風に考えたらいいだろう…」

このようなことでお困りの方はいらっしゃいませんか?

注文住宅は、自分の理想の家を実現できて魅力的ですよね。

しかし、自由度が高いゆえに困ってしまうこともあるかと思います。

そこで今回は、注文住宅の間取り決めにおいて重要な動線についてご紹介します。


□動線とは?

動線とは、住宅で生活する中で目的ごとによって動く人の流れのことを指します。

この動線を意識して住宅を設計することによって、

非常に生活しやすい間取りを実現できます。

以下、その動線の種類についてご紹介します。


□動線の種類

*家事動線

住宅の間取り設計の中で一番意識したいのは、家事動線です。

家事は、生活の中で一番利便性を必要とします。

おすすめは、リビング、キッチン、洗面室、浴室を回遊できるよう、近くに配置することです。

そうすることで、家事の効率を上げることができます。


*通勤・通学動線

通勤・通学動線は、通勤・通学する際に通る動線のことです。

意識したいのは、この動線に関する通路を広めに設計しておくことです。

そうすることで、朝の慌ただしい時間帯でも

混雑することなくすれ違ったり、朝の支度を行えます。


□まとめ

以上、注文住宅の間取り決めに一番重要な動線についてご紹介しました。

今回の記事を参考に、住宅の間取りを決めていただければ幸いです。