動線を意識した暮らしやすい住宅の間取りの考え方とは?

2018.08.09

注文住宅の魅力と言えば、

自分の好きなように家の間取りを考えられる点にあるのではないでしょうか。

 

せっかく自分で考えるのであれば、暮らしやすい家にしたいですよね。

 

そこで今回は、

どのように暮らしやすい間取りを考えれば良いのかをご紹介します。

 

〇暮らしやすいおうちになる動線とは?

 

「動線」とは生活をする上で、

家の中を通る道筋を一本で表した線を言います。

 

暮らしやすい家を考えるには、

まず家族全員分の1日の動線を書き出してみましょう。

 

次に、その線の重なりをできるだけ少なくするように、家の間取りを考えます。

 

動線が重複している部分を少なくするようにしていくと、

家族全員が家の中をスムーズに移動できます。

 

また、動線の重なりを考えるときのポイントとして、

重なっている動線が使われる時間帯は同じなのかという点に注意しましょう。

 

そのような動線がある場所は、優先的に間取りを変更する必要があります。

 

とくに、朝の時間帯は家族全員がバタバタする時間帯になります。

ですから、動線の交わりができるだけ少なくなるような間取りを考えましょう。

 

今回は暮らしやすい家にするために動線を使った考え方をご紹介しました。

家族全員が快適に暮らすために、動線を意識して間取りを決めましょう。