つくばで注文住宅を建てるなら|化学物質の発生を抑えて健康的に過ごそう!

2019.04.16

「新築を建てたいけれど、健康に良くない化学物質が発生するって本当かな・・・」
このように不安に思っている方はいらっしゃいませんか?
今回は、化学物質の害を最小限に抑える効果が期待される「FFC免疫住宅」についてご紹介します。

 

□住環境による健康被害

60種類ものカビが日本の室内に発生していると言われています。
それに加えて、ダニのフンや死骸なども常に飛散しています。
さらに、建材・接着剤・塗料からはシックハウスの原因となる化学物質が放出され、健康に悪い空気を作り出しています。
これらの影響によって、体調不良を訴える方がたくさんいらっしゃるのです。

 

□FFC免疫住宅とは

FFC免疫住宅では、壁・床・天井などの建材にFFCを浸透させています。
FFCを含んだ建材は、接着剤などの化学物質を抑制し、善玉菌の働きを活性化させることができます。

 

□FFC免疫住宅のメリット

住宅を強い抗菌加工・防虫加工で覆えば、確かに悪玉菌を減らすことはできます。
しかし、同時に人間に有益な善玉菌も抑制され、免疫力が低下してしまうのです。
FFC免疫住宅では、悪玉菌やカビ・ダニなどの増殖は抑えるのと同時に善玉菌の増殖を助けてくれます。
善玉菌が増えることで免疫力が高まり、より健康的に過ごすことができるのです。

 

□まとめ

今回は、FFC免疫住宅についてご紹介しました。
FFC免疫住宅は、化学物質の害を最小限に抑える効果が期待できるのですね。